お金を借りる方法にはどのようなものがあるか

お金を借りる方法にはどういったものがあるでしょうか。まず、もっとも身近な方法といえるのが親や兄弟、友人に借りるというものです。この場合、借用書を用意することはまれで、口約束で返済期限を決めることがほとんどです。次に貸金業者から借りる方法があります。貸金業者にもいろいろありますが、借入先として代表的なものは、銀行と消費者金融でしょう。お金を借りる方法)それぞれの特徴ですが、まず銀行の場合、消費者金融と比べると審査は厳しいですが利率は低いです。また、目的別ローンの対象が多く、家や車、あるいは学校の授業料などを借りることができます。目的別ローンは通常のローンと比べてもさらに低金利です。

消費者金融の特徴としては、銀行より審査は緩いものの、利率は高めということが挙げられます。ただ、借り入れがしやすいので、銀行よりも消費者金融から借りる人も少なくありません。基本的に銀行のような目的別ローンは存在せず、フリーローンと呼ばれる用途自由のローンだけしかありません。質屋からお金を借りるという方法もあります。銀行や消費者金融と比べて質屋が独特なのは、質草、つまり担保を預かって融資を行うという点です。もし客が借りたお金を返済できない場合、質草の所有権は質屋に移り、質屋はそれを売却することで貸したお金を回収します。どれぐらいのお金を質屋から借りられるのかという点ですが、質草の価値によって変わってきます。たとえば、宝石を担保にした場合、質屋がその宝石を100万円で売却できると判断すれば、客は100万円に近いお金を借りられる可能性があるのです。銀行や消費者金融、質屋のような業者からではなく、行政からお金を借りるという方法もあります。たとえば、生活費が完全になくなってしまい、明日の食費もないという状況に陥った場合、居住地の役所に行って申請することで、低金利でお金を借りられることがあります。ただ、現在、仕事を探している人に限るといった条件がつけられることも少なくありません。

お金を借りる掲示板は利用しない方がよい トラブルの元で危険が多い

現在個人間でお金を借りる掲示板が流行っています。金融ブラックで消費者金融やクレジットカード等を利用できない方にとって人気の掲示板になっており、どうしてもお金が必要な人にとって寄り所の場所となっています。しかし、お金を借りる掲示板は利用しない方がよいです。金融ブラックである人もそうでない人もトラブルの元でありますし、事件に発展するケースも少なくありますので危険が多いです。お金を貸したのに返ってこなかった、個人情報だけ盗まれたといった事も多くあり危険性がとても高いです。この手の掲示板は無料BBSを利用したり、携帯で簡単に作れるものを用意したりして書き込みや書かれている連絡先に連絡を行なって取引する事になります。なかには個人で作られた非公式の掲示板だけではなく公式のものもあるのですが、ここに書き込まれている情報を鵜呑みにせずに連絡を取らない方がよいです。

いくらお金が必要になったとしてもトラブルが起きたり、事件に発展したり、借りる以上の損金が発生したりとリスクの方が遥かに大きいです。個人間のやり取りだと簡単に利用できるからこそトラブルが付き物と考えた方が良いでしょう。消費者金融等の方が怖いと考えている方もいるかもしれませんが、そういった業者は法律をしっかりと守って経営しており、契約書や規約に則っていますので安心して利用できるのです。個人融資だと契約がない口約束だけという事も多く金融ブラックや仕事をしていないフリーターや専業主婦の利用も多くありトラブルが絶えません。一部個人融資でも公式で利用でき安全性の高いところがありますが、少しでもトラブルに巻き込まれないようにするためには安全性が高く信頼できる消費者金融や銀行を利用する事をおすすめします。無料レンタルで運営している掲示板を利用したお金を借りる掲示板は危険が伴いトラブルは絶えない存在になりますので、リスクや安全性を考えているのであれば利用は控えるようにしてください。

年収の良かった人がお金を借りる理由

年収がいい人ほど貯金をするチャンスはたくさんあります。毎月生活費をしていくためには30万円必要だったとしても、100万円の給料をもらっている人ならば単純計算でも70万円は貯金に回すことが出来るからです。30万円しか給料がない人の場合、30万円生活するためにお金がかかっていると、貯金をするのは難しくなります。そのため年収がいい人のほうが貯金をするチャンスはたくさんあるのです。しかしそれだけ年収がいいはずの人がお金を借りるようなことになる理由は何があるのでしょうか。それは、貯金をしていないからです。

安定した給料をもらえていると思っていたとしても、いつ会社が倒産するかなどはわかりません。会社というのは突然倒産をしてしまったり、クビになるようなことになれば、今までの収入を得ることはできなくなるからです。急に今までの収入がなくなってしまえば、今まで通りの金銭感覚でお金を使うことはできなくなりますし、年収が多かったというのに、まったく貯金がなかったとすれば、いきなり生活をすることができなくなるでしょう。今までの収入がいつまでも続くと信じていたとしても、それが急になくなってしまうこともあると考えて貯金をしておくようにしなくてはなりません。収入が多い人ほど、節約をせずに生活をしている人が多いですので、それが途絶えた時こそが危険なのです。お金を借りたとしても、使う量が多ければ、借金は膨らんでいく一方です。すぐに今までと同じような収入を得ることが出来る仕事が見つかればいいですが、そんなに簡単にいい仕事が見つかるとは限りません。収入が多い時ほど節約をして、いざという時のためにお金を貯めておくようにしましょう。仕事がなくなっても数か月くらいは生活できるだけのお金がなければ、すぐに借金地獄に陥ることになりますので、目の前のことだけを見ているのではなく、この先のことも考えてお金を使うようにしなくてはなりません。