仮想通貨のウォレットとは?専用アプリも紹介

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨でいうウォレットとは「財布」を意味します。ウォレットにはメールと同じようにアドレスがあり、誰でも簡単にもつことができます。

発展途上国では銀行口座を作れない方も多いですが、仮想通貨のウォレットはPCやスマートフォンがあれば無料で作れるのです。ウォレットには種類があり、大きくは「ソフトウェアウォレット」と「ハードウェアウォレット」に分かれます。

ソフトウェアウォレットはとても一般的でアプリ・PCや取引所などで使うことが出来ます。

アプリで注意したい!

仮想通貨ウォレットアプリで注意したいのが最初に決めるパスワードやバックアップ用のワードです。これらを忘れてしまうと二度と取り戻せなくなります。アプリだからといって気楽にパスワードを作り、どこにもメモを控えていないと最悪の事態になるのです。

仮想通貨は中央管理がなく、分散型サーバーという素晴らしいメリットがあるのですが、こういったウォレットアプリの使い始めはメモをしながら登録を進める必要があります。また送金ミスなども取引所であれば、サポートでなんとかなる場合もありますが、アプリなどで送金ミスをすると取り返しがつかないことがほとんどです。

こういったパスワード忘れは、先程紹介したハードウェアウォレットでも気をつけてください。せっかくセキュリティを完璧にしても仮想通貨が取り戻せないなんて事は悪夢でしかありません。

Gincoというアプリが素晴らしい

日本人が開発した複数の仮想通貨を預けることができるウォレットアプリです。

万が一スマートフォンを紛失しても、バックアップキー(12個の単語)を別のデバイスから入力することによって資産を復元できます。現在はBTC,ETH,BCH,ZRX,REP,MANA,DGD,ENG,EOD,EOSDAC,KNC,OMG,SNT,TRX,VEN,ZILZLAを保管することが可能です。今後は種類を増やしていく予定とのことです。

まとめ

取引所のセキュリティはマウントゴックス事件やコインチェック事件を受け、セキュリティが上がっていますが取引所ごとに対策は少し変わっています。そんな事件が起きてもよいように信頼できるところに資産を移すようにしておきたいですね。