仮想通貨とは?どのように普及していくかを研究

仮想通貨とは

 

仮想通貨とは本来「暗号通貨」という名前が正しく、暗号化されたお金のことをいいます。これまでもスマホアプリ内で使えるトークンや電鉄会社が発行しているsuicaやpasmoなどもありますが、これらは日本円を電子マネーに交換できますが、逆に電子マネーを日本円にすることはできません。あくまで一方方向だけのシステムでした。

仮想通貨は取引を前提としているため、

①日本円をビットコインにする

②ビットコインをドルにする

という流れが簡単にできるのです。これにより個人間の送金はもちろん世界の企業同士の取引がグッとやりやすくなったのです。いまはテザーというドルと当価値の仮想通貨は1種類しかありませんが、今後は増えていくかもしれません。法定通貨と同価値の仮想通貨があれば企業も安心して取引することができます。

既に飲食店や個人事業主などは仮想通貨での取引を行い、少しずつですが仮想通貨決済の利用者が増えていっています。アメリカでは2017年頃から一般的に普及し、街でビットコインが使えることも珍しくなくなりました。

 

仮想通貨はどうして信頼できるのか

 

仮想通貨はブロックチェーンという技術で支えられています。これまで顧客の資産管理をしていた銀行は中央集権という管理方法でした。つまり、一箇所がハッキングを受ければ簡単に資産を盗まれてしまうというものでした。日本ではそういった事件はなかなかありませんが、世界の銀行は何度もハッキングを受けています。仮想通貨取引所もハッキングは受けているので、なんともいえませんが大元のブロックチェーンは破られていないのです。

ブロックチェーンとは分散型ネットワークのことで、複数のノードとよばれるパソコンで取引が処理されています。仮に一箇所攻撃を受けても、他のノードから情報を修復できるため改ざんがしにくいのです。この仕組みは、将来仮想通貨だけではなく土地の権利証明や運転免許証、戸籍謄本など資産や個人情報の管理ができるため、銀行や区役所がいらなくなるぐらいの能力があります。

処理を行うのは開発者たちではなく、マイナーと呼ばれるブロックチェーンのシステムを助けて報酬をもらう人たちがいます。彼らがこのマイニングというシステムの手伝いをすることによって、仮想通貨取引の承認が正しく記録されるのです。マイニングは良質なグラフィックボードを載せてプログラムを走らせれば、人がほとんどチェックする必要がなく、多額を稼ぐことができます。日本でも大手GMOやDMMグループも2018年からマイニング事業を展開しています。