お金を借りる方法にはどういったものがあるでしょうか。まず、もっとも身近な方法といえるのが親や兄弟、友人に借りるというものです。この場合、借用書を用意することはまれで、口約束で返済期限を決めることがほとんどです。次に貸金業者から借りる方法があります。貸金業者にもいろいろありますが、借入先として代表的なものは、銀行と消費者金融でしょう。お金を借りる方法)それぞれの特徴ですが、まず銀行の場合、消費者金融と比べると審査は厳しいですが利率は低いです。また、目的別ローンの対象が多く、家や車、あるいは学校の授業料などを借りることができます。目的別ローンは通常のローンと比べてもさらに低金利です。

消費者金融の特徴としては、銀行より審査は緩いものの、利率は高めということが挙げられます。ただ、借り入れがしやすいので、銀行よりも消費者金融から借りる人も少なくありません。基本的に銀行のような目的別ローンは存在せず、フリーローンと呼ばれる用途自由のローンだけしかありません。質屋からお金を借りるという方法もあります。銀行や消費者金融と比べて質屋が独特なのは、質草、つまり担保を預かって融資を行うという点です。もし客が借りたお金を返済できない場合、質草の所有権は質屋に移り、質屋はそれを売却することで貸したお金を回収します。どれぐらいのお金を質屋から借りられるのかという点ですが、質草の価値によって変わってきます。たとえば、宝石を担保にした場合、質屋がその宝石を100万円で売却できると判断すれば、客は100万円に近いお金を借りられる可能性があるのです。銀行や消費者金融、質屋のような業者からではなく、行政からお金を借りるという方法もあります。たとえば、生活費が完全になくなってしまい、明日の食費もないという状況に陥った場合、居住地の役所に行って申請することで、低金利でお金を借りられることがあります。ただ、現在、仕事を探している人に限るといった条件がつけられることも少なくありません。